Tenant

Risley

リズリー

  • 創の実 自由が丘

女の子の「かわいい」を詰め込んだお店です。
店内の商品はほとんどが一点物のオリジナル。
洋服やアクセサリーは
オーダーメイドやサイズ直しができます。
 
おしゃれなボタニカルキャンドルはギフトにも最適。
ワークショップなど
参加型のイベントが豊富です。

- - -
オーナー:江見 優衣

インタビューを見る!

Owner Interview

risley

「“子どもの頃好きだった物”を
オリジナル雑貨で表現したい」

Risleyオーナー

  • 江見 優衣

子どもの頃に感じたワクワク感を雑貨に込めて

 私自身が子どもの頃に好きだったものや絵本に出てくる動物などをモチーフにして商品を作ることが多いです。お店の名前の「Risley(リズリー)」は、初めて日本で西洋式のサーカスを開催した団長の名前で、ワクワクするような楽しいお店をしたいという気持ちを込めました。

risley

 いまお店では手作りのキャンドルとサンキャッチャーを豊富に取りそろえています。大豆由来のソイワックスでつくったキャンドルは、お子さんのいる方へのプレゼントとしても人気です。オリジナルペンダントトップやリングも扱っています。女性らしさを引き立ててくれる、天然石やサンゴといった自然素材を使った繊細なアイテムをラインナップしているので、ぜひご覧ください。

risley

 もともとアーティストの舞台衣装やウェディングドレスなどの制作をしていたので、ガーリーなテイストのものやエレガントなアイテムを作るのが得意です。お母さんとお子さんが、一緒に楽しんでいただけたら嬉しいですね!

risley

参加型ワークショップで街に楽しさと活気を

 お店で雑貨を手に取っていただきたいのはもちろんですが、ワークショップも積極的に開催したいと考えています。「創の実」に応募した際にも、お子さん向けの手軽なものから大人向けの趣味講座までさまざまなワークショップのメニューを紹介しました。中でも、お子さんに人気なのがサンキャッチャー作りです。日当たりの良い窓際にかけておくとキラキラ光るインテリアグッズですが、ひもにビーズなどのパーツを通すだけで手軽に作れるので喜ばれています。粘土でおだんごをつくるように手で握って簡単に作れるできるキャンドルワークショップなども企画しています。
 「創の実」は商店街を活性化させるためのプロジェクトなので、たくさんの方が楽しめるワークショップを通じて、街自体を活気づけていけたらうれしいです。

risley

かわいさをお客様と共有できるお店づくり

 今までは受注生産で納品していて、店舗で多くのお客さまに販売するのは今回が初めて。
とは言え、私の根っこにあるのはモノづくりなので、お客様が夢中になってくれる商品を作りつづけることが第一です。それに加えて「リズリーと言えばこれ」という看板商品を打ち出していきたいと考えています。
 自分が「かわいい」と思って作ってもお客さまに伝わらないと意味がないので、ディスプレイももっと勉強したいです。お客さまの反応を見ながら、試行錯誤できるのがお店の良さでもあるので、ぜひ遊びに来てくださいね。

risley

江見 優衣  Yui Emi

美術系大学を中退後、服飾系専門学校に進学し卒業。
アパレル企業の子供服のデザイナーとして、
営業企画から工場生産まで幅広く経験。
退社後はフリーでウエディングドレスの制作などの受注生産を続ける。
キャンドル工房「nochiyu factory」を招いての「キャンドル作り」や
「サンキャッチャー作り」などワークショップも開催。