ドールハウスとオリジナル金属パーツの店

UpFarField Dollhouse Salon

創の実 自由が丘

JIYUGAOKA

OWNER

松本 希美

MATUMOTO NOZOMI

有名作家のドールハウスと繊細な金属パーツを揃えました。

ドールハウスのミニチュア作品は、驚くほど精巧で、本物そっくりなリアルさです。
初めて実物を見た方は、想像以上の小ささに驚かれるかもしれません。
まさに大人が楽しむための趣味の作品です。
ドールハウスの愛好家の方も、初めてドールハウスに接する方も実店舗ならではの「実物を見る」感動をぜひ味わってください!

PICK UP

オリジナル金属パーツ

当店オリジナルの金属パーツ。ドールハウス制作をしている方のニーズに応えられるよう、細かなパーツを約150種類ご用意しました。たとえばナイフなどのキッチン用品やハサミや櫛、ハンガーといった日常的な小物をはじめ、家具の取っ手や家具の装飾に使う部品など。洋服のボタンやアンティークキー、ネームタグも人気です。すべてエッチングという技法で作っていて、エッチングならではの繊細な美しさ、金属素材ならではのシャープさが特徴です。お気に入りのパーツを見つけて、飾っておいても可愛いですよ。

OWNER INTERVIEW

松本 希美

MATUMOTO NOZOMI

見て楽しい、集めて楽しい、作って楽しい、
ドールハウスは12分の1サイズの芸術品です

国内有名作家の作品はどれも見応えたっぷりです

 大人が楽しめるドールハウスとオリジナルパーツのお店です。ドールハウスはヨーロッパで子どもの玩具として生まれたものですが、日本においては大人の女性が楽しむための作品が多く、そのためとても繊細に作られています。建物に限らず、家具や調度品、キッチン用品など、身近な生活空間を実物の12分の1サイズで再現しているのですが、驚くほど本物そっくりです。本当に細かい部分まで精巧に作られているんですよ。

 メインに扱っているのは、国内有名作家さんたちの作品です。花や家具など、それぞれの得意分野のミニチュア作品をその世界観の中で販売しています。現在は洋風作品をセレクトしていますが、今後は、“こたつに蜜柑”の世界や和菓子といった和物を作っている作家さんにも声をかけていく予定です。  さらに私自身のオリジナル品として、ミニチュアの金属パーツも販売しています。たとえば、ナイフやはさみ、チーズおろしのような小物や家具の取っ手のような部品など。こうしたパーツは作製に手間がかかるので、自分で作るとなると考えてしまうようなモノ。ドールハウスを作っている方が自分の作品に使うためにご購入されたり、小さなパーツを集めてそのまま飾るという方もいらっしゃいます。楽しみ方はそれぞれです。

 ご来店されたお客様たちは1時間くらいじっくりと、絵を鑑賞するように眺めていかれることが多いですね。それというのも、ドールハウス専門店は都内でも2軒ほどしかなく、作品の出品機会も年に数回のイベントや催事などに限られているため。だからこそコアなファンの方たちが、店のオープンを「待ってました」と喜んでくれました。作品を間近で見たり、購入したり、制作に必要なパーツを買うこともできる場として、ファンの方たちに認知され、喜んでいただけたらうれしいです。

「創の実」の信用力が作品集めに効果を発揮

 ドールハウス作家の方たちは制作に忙しく、販売にまでなかなか手が回らないのが実情。作家として生計を立てる難しさがよくわかるので、そういう方たちを応援したいという気持ちがありました。そのために安定して販売できる場所を作ろうと考え、形になったのが、このお店というわけです。

 ただ実際にお店をやるとなると不安もありました。どれくらいの数の作家さんが協力してくださるか、作品を預けていただけるかが、声をかけてみるまでわからなかったからです。フタを開けてみれば、予想を上回る約20名の方たちの協力を得ることができました。私自身が長くこの世界でやってきて、人のつながりが力になったことも理由の1つだと思いますが、「創の実」だったことも大きな後押しになったと感じています。東京都の事業による店舗ということで、みなさんが安心して作品を預けてくださったからです。お客様にも、自由が丘という土地のブランド力がよい影響を与えていると実感しています。

 実は「創の実」の募集を知ったとき、すぐにこの自由が丘のお店を見学に来たんです。そして当時の出店者の方たちに話を聞き、準備に不安を抱えていることを率直に相談したところ、「最初はみんなそうだから。大丈夫、やってみればなんとかなる」とアドバイスをくれ、応援していただきました。また実際に出店した後も不安な点はしっかりサポートしてくれて、わからないことがあればコンサルタントの方が細かな点までアドバイスしてくれますし、本当に得がたいチャンスです。挑戦を迷っている方がいたら、まずは応募してみることをオススメします!

実物を見て、感動を味わうための実店舗です

 人気作家の作品は購入希望者が多く、抽選販売の形を取っています。そのため、残念ながらお目当ての作品を購入できない方も多いのですが、「作品を実際に見ることができただけでも満足です」と、笑顔で帰っていかれます。このお店をやって良かったと思う瞬間ですね。そういう声を作家の方たちにフィードバックすると、それが作家の方たちのモチベーションアップに。そのことも、このお店をやる喜びにつながっています。

 現在ご来店になるお客様は、ドールハウスのファンの方や自分で制作をしている方たちがメインです。その方たちに喜んでいただくのはもちろんですが、今後はさらに、ドールハウスを知らない人たちにも見に来てもらい、ファンの裾野を広げていきたいです。また、将来商店街でお店を持てたら、ドールハウスの魅力で商店街発展に少しでも寄与できればと思っています。
 インターネットなどでドールハウスやミニチュアの写真を目にする機会は、以前よりも増えてきました。でもやはり実物を見る感動は別物。ネットで見るよりも、実物は想像以上に小さいと感じると思います。「あ、本当はこんなに小さいんだ!」という驚きを、お店でぜひ体感してほしいですね。

PROFILE

ベンチや遊具などの公園施設やファニチャーの製造設計会社に勤務していた際に精巧で緻密なミニチュアの世界に出合う。
趣味でミニチュア制作を始め、徐々に販売にも興味を持つ。
結婚や出産で中断していたが、子育てが一段落したのを機に作品制作と販売を復活。
「創の実」を通してドールハウスのファンの裾野を広げていきたいと考えている。